Copyright © 2013 welcome All Rights Reserved

潜在意識の海にダイブ!

「本当の原因」にアプローチ

次に2つ目となる、甲状腺と一般環境のリンクです。

甲状腺はカラダに聞いていきすぐに見つかりました。

 

リンク先である一般環境は、5W1H、いわゆる“いつどこでだれが・・・”といった項目をカラダに質問し探しだしていきます。これはカラダに聞くだけではなく、実際に小西さんから質問されて私が答えていくことを何度か繰り返しました。

 

そして見つけた答えは、”小学校2年生の時に好きな男のコが別の女のコを好きだと言うのを聞いた時の悲しみ“というものでした。

 

すっかり忘れていたけれど、そんなこともあったよなぁ。

でもそれが、今の私と何か関係があるのですか?え?甲状腺とバランスを取りたがっている??確かにノドは昔から弱いですが、そんなことが関係しているって本当に??

 

このように、ボディートーク療法は、さまざまな心身の症状を引き起こすストレスの根底にある「本当の原因」にアプローチしていきます。

 

実際に見えている部分(心身に表われた症状)は“氷山の一角”にすぎず、隠れて見えない氷山の大部分(本当の原因)は海の底深くまで根をおろしているということ。

 

言い換えれば、顕在意識で感じていることや起こっていることは結果(心身の症状)であり、潜在意識の底に溜め込んでしまったストレスやマイナス感情が要因(本当の原因)になっているという考え方です。

 

この「本当の原因」を見つけ出し解放することで、心身の症状が次第に治まる方向へつながります。

 

すなわち、表面化している特定の病気に対して診断を下したり治療を行うのではなく、「本当の原因」を見つけて取り出すことにより、身体全体を調和しバランスを整えていくのがボディートーク療法なのです。

「こころで感じた変化」

今まで体験したことのない面白い療法でしたし、自分のカラダに起きた反応も興味深く、1ヶ月後にまたセッションを申し込みました。

そこで幼き日のトラウマと出会って解放したことで、後日、ずっとこころの中にあった恐怖が和らいでいることに気が付きました。

 

嬉しくなった私は、そのまた2週間後にセッションを申し込み、仕事場での人間関係の問題を解放したことで職場にいる時の気持ちが楽になりました。そしてまたセッションを〜〜といった具合に、徐々にボディートークの奥深さに触れて、魅了されていったのです。

 

ボディートークに出会う前までの私は、まるで何かに追われているような感覚を持ちながら生活をしていました。実際に追い立てられていたわけではなく、こころが落ち着かずに不安定だったのだと思います。

ボディートーク療法を体験後、どれくらいたった頃でしょうか。ふと気がつくと、そんな気持ちはいつの間にか消えていて、かわりにこころを占めていたのはちょっとした幸福感でした。

 

なぜそのような気持ちになったのでしょう。

「自然治癒力の回復」

私たちの生活にストレスはつきものです。しかしそのストレスが日々あまりにも多く、それゆえイライラしたり怒りっぽくなったり、または落ち込んだりする状態が普通だと思い込んではいないでしょうか。

 

私たちの体内には素晴らしい力、「自然治癒力」が備わっています。これは、生まれながらに持っている自分自身を癒し治そうとする働きのことです。人間の体には60兆個もの細胞が存在し、絶えずコミュニケーションをとりあい活動しています。その活動がスムーズに行われているとき、「自然治癒力」がいかんなく発揮され心身の健康が維持されます。こころは穏やか、カラダも快調な状態です。

 

しかし、ストレスなどで細胞間のコミュニケーションが分断されると、様々な不調が心身に表れ始めます。前項の「本当の原因」を取り除かない限り「自然治癒力」がその力を出し切れなくなるからです。

 

私の気持ちの変化は、ボディートーク療法によって「自然治癒力」の働きが本来の状態に近づいてきたことにより、こころが穏やかになり、イライラよりも幸福感を多く感じ出したからだと思っています。

出会いから3年半後、CBPに

そして、2013年7月。とうとう自分でも米国IBA認定ボディートーク施術士(CBP)の資格を取得し、今に至ります。

 

最近しみじみ思うのは、長いあいだ感じていたこころのひずみはストレスによって引き起こされた「こころの不調」状態であり、「本当の自分」はこころ穏やかな存在なのだということです。

生活する上でストレスは避けて通れませんが、少しずつこころを軽くして、「本当の自分」にくつろぐ時間を増やしていくことが大切だと思っています。

 

ちなみに、最初に声を掛けてくださった職場の先輩・倉本さんもボディートークの魅力に惹かれたお一人であり、CBPとしてご活躍されていることを付け加えておきます。

百聞は一見にしかず、

一見はあなたの一歩から

ボディートーク療法は、心身のバランスを調和しながら「本当の自分」へとつながっていく、先進的なヘルスケアテクニックです。

この療法自体を知らない人が大勢いるどころか、知っている人のほうが絶対的少数であるため、セッションを受けることに少し抵抗があるかもしれません。

 

もし知ったとしても、気にもとめない人が多々いることでしょう。

 

でも、あなたは今、この療法に出会い、興味を惹かれ、このサイトまでいらしてくださいました。

 

それはなぜでしょうか。

 

先ほど書いた通り、カラダの中の60兆個もの細胞はコミュニケーションを取り合い、ひとつの細胞が全ての細胞の働きを寸分たがわず知っています。

あなたが何かにこころを惹かれたということは、カラダの中のどこからか発信されたメッセージかもしれない、と考えることもできます。

 

いつも同じ行動を繰り返している場合、出て来る結果はほぼ毎回同じですが、違った行動をとれば、おのずと結果も違うものになります。

同じように、もし今の自分に不調や不満があり、自分にくつろいでいないのならば、いつもと違う行動を試してみることをおすすめします。

深く考えずに、軽い気持ちで試すことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

そして、その中のひとつが「ボディートーク療法を体験する」という行動であり、その一歩目をあなたが選んでくださったとしたら、次の二歩目をあゆむお手伝いをさせていただきます。

どうぞ気負わず自然体でご来店くださいませ。

 

このサイトを運営している“ w e l c o m e ”があなたのお住まいの地域と離れていたとしても、米国IBA認定ボディートーク施術士(CBP)は全国におりますので、お近くのCBPをお尋ねください。

 

お待ちしております。

ご予約・お問い合わせへ

ボディートークとの出会い その1へ戻る